誰でも簡単にパワーストーン 天然石の効果が得られる使い方6選と意味についてご紹介いたします!


誰でも簡単にパワーストーン 天然石の効果が得られる使い方6選と意味についてご紹介いたします!

パワーストーンの正しい使い方は、自分に合った天然石を選ぶこと、そして正しく活用することです。

基本的にはこの2点さえ間違えなければ良いパートナーになります。

今回は、具体的な活用の仕方や願いごとを叶えてもらう方法などを紹介します。

パワーストーン天然石の商品はこちら

パワーストーンにあると言われる効果

パワーストーンにあると言われる効果

天然石の力を信じていない人にとって、パワーストーンは単なるお守りであり、持ち主の気持ちの持ちようという印象があるかもしれません。

しかし、正しく使えば持ち主の考え方を変えたり、ネガティブな気持ちを浄化したりするのに役立ちます。まずはパワーストーンとはどんなものなのか、簡単に説明します。


パワーストーンの力は、天然石が持つ波動が大きく関係しています。

私たちはネットをしたり電話をかけたりするなど、知らない内に見えない振動を利用していますが、物には必ず独特の波動があります。


人間も体の中に電流が流れているため常に振動しているのですが、パワーストーンと持ち主との波動が合うことで効果が期待されています。

石は外界からの電波塔のような役割を石が持っており、悪い気を受け取らないよう遮断したり、良い気を周りに届けたりします。

パワーストーンの効果

パワーストーンには、さまざまな効果があるとされています。癒しとリラックス、恋愛運向上、金運と財運、健康と活力、守護と保護、集中力と知性の向上、創造性とインスピレーション、人間関係の改善などです。これらの効果を信じることで、より豊かな日々を過ごせるかもしれません。

持ち主の波長に合う天然石を選ぼう

持ち主の波長に合う天然石を選ぼう

人と物の波長が合わなければ、良い効果をもたらすことはできません。

パワーストーンを選ぶ時は、ぱっとみて気に入ったもの、手に取ってしっくりと馴染む商品を選びましょう。

同じ種類の石でも個体差があり石が持つ振動は異なることから、手に取ることが相性の良し悪しを確かめるためには最適な方法です。


もしネットショップや通販でパワーストーンを選ぶ際や、どの種類を選んだら良いかわからない場合は、水晶がおすすめです。

水晶はどんな願いことにも良い影響を及ぼす上に男女問わず使える他、他の石を浄化するにも使えるものです。

持ち主が本来持っている力を引き出し、負のパワーをフラットにすることから、最低でもひとつは持っていると便利な天然石です。

パワーストーン天然石の商品はこちら

願いごとのイメージをチューニングする

願いごとのイメージをチューニングする

何か目的がありパワーストーンを持つなら、願い事のチューニングを調節するように、石に働きかけましょう。

上述したように、石は外界からの波動を受け取ったり、逆に持ち主の気を送り届けたりするのですが、願い事をする場合は、既に叶ったかのように考えることが大切です。

「~してくれますように」のように依頼する言葉では、正しく願いが届きません。

既に願いが叶ったようにすることで、そのために必要な考え方や波動を受け取り、自分自身が変わることができるのです。


また、パワーストーンには感謝の言葉も忘れないようにしましょう。

良い気持ちを持ち続けている方が、ポジティブなパワーを引き寄せてくれるのです。

パワーストーンの使い方

花冠 -rainbow-
Clear Healing

花冠 -rainbow-

Clear Healing

パワーストーンは、大きな物なら部屋に置いても良いですが、小さな原石なら袋に入れて持ち歩きます。

アクセサリータイプなら身に付けて活用すると良いでしょう。


室内のなかでも目につく場所に置くと、パワーストーンは効果を発揮すると言われているため、枕元やデスクなど目に留まる箇所が良いでしょう。

大きいものを棚にしまい込んでしまったり、袋に入れて持ち歩いたりすると、石とのコミュニケーションがしにくくなるため、時々取り出して手に取り話しかけましょう。

手に付ける場合は、エネルギーは利き手から入るため、利き手と反対側に付けると良いでしょう。

アクセサリーによって効果が変わると考えられているパワーストーン

Flower ネックレス

Flower ネックレス

パワーストーンネックレスの商品はこちら

パワーストーンを利用する時、身に付けられる物を選ぶ方も多いと思います。

ブレスレットは男女問わず使えて便利ですが、付ける位置によっても意味が変わるため、詳しい使い方を知ってから活用することをおすすめします。


ブレスレットは、左手に付けると石のエネルギーを体内に取り込んでお守りの効果を高めると言われ、健康運や運気をアップさせる効果が考えられています。

右手はエネルギーを外に放出できるため、告白する、成功を勝ち取るなどチャレンジする際に便利です。


ネックレスは、願い事がある場合は首のチャクラ、直観力を引き出す場合は耳元や眉間や頭部のチャクラにそれぞれ反応すると言われています。

指輪の場合は、付ける位置によって願いごとが異なるため適した場所に付けましょう。

➤パワーストーンブレスレットの商品はこちら

➤パワーストーンリングの商品はこちら

パワーストーンは時々浄化が必要

パワーストーンは時々浄化が必要

パワーストーンは負のエネルギーを取り込みすぎると疲れてしまうと考えられています。

本来の力を発揮できるよう、一番最初に手に入れた時とパワーが落ちていると感じる場合に浄化を行い、まっさらな状態にして力を元に戻しましょう。

たとえば、石が変色してきた、付けていると重苦しい、傷が付いた、他人が触れた時、悪いエネルギーを吸収しやすい状況の際などに必要です。

毎日浄化するのが一番ですが、最低でも1ヶ月に1度行うか、石が疲れていると感じた時だけでも構いません。
浄化の方法は、水晶クラスターや水晶さざれの上に直接置いたり、植物の近くに置いて休ませたりします。

水や太陽、月、塩などを利用する方法もあると言われていますが、石によっては適さない場合もあるので注意しましょう。

水晶は比較的どんな石にも適用しやすく、浄化用にひとつ持つと良いでしょう。

パワーストーンは正しい選び方、使い方さえ間違えなければ良いパワーを得ることができます。どれも基本的なことですから是非覚えて実践してみて下さい。

また、今までパワーストーンを使ったことがなかった方は、相性の良い石選びからはじめてみましょう。

➤浄化アイテムはこちら

まとめ

まとめ

誰でも簡単にパワーストーン天然石の効果が得られる使い方6選。

まず、手首に身につけるブレスレットとして使用することで、日常的にパワーストーンのエネルギーを感じることができます。次に、胸元に置くネックレスとして使用し、心臓に近い場所からエネルギーを得る方法も効果的です。部屋の浄化やエネルギーの調整を目的に、クリスタルクラスターや原石をインテリアとして配置するのもおすすめです。

さらに、小さなストーンをポケットやバッグに入れて持ち歩くことで、いつでも効果を得られます。瞑想の際にパワーストーンを手に持ったり、目の前に置いたりすることで集中力を高めることができます。また、入浴時にバスタブにパワーストーンを入れることで、リラックス効果とともにエネルギーを取り込むことができます。これらの方法を通じて、パワーストーンの効果を簡単に取り入れ、日常生活に役立てることができます。

この記事をSNSでシェア!